作業員

業務が滞る産廃処理をスムーズにしよう|ココぞと役立つサービス

産業廃棄物の処理の方法

工場

法を考慮して処理するべき

事業所などから排出される、ごみを産業廃棄物と呼びます。一般の家庭から排出されるごみとは違い、正しい知識を持って処理をしないと法的に罰せられる事があります。産業廃棄物は、一般のごみとは違い、自治体が運営するごみ処理場では処理出来ないので、事業所が自ら処理を行わなければいけません。しかし、事業所が自ら行うのは実際は難しくほとんどの場合には産業廃棄物の処理を行ってくれる産廃処理業者に依頼をします。ただし、あくまでも事業所が出すごみの責任は、排出する側である事業所の責任になります。そのため、事業所はきちんと産廃処理の許可を受けた業者に委託しなければいけません。万が一許可を受けていない業者に委託をしたら業者側の責任になります。

業者の選び方

産業廃棄物を排出する事業者は、許可を受けた産業廃棄物の処理業者に委託します。そのため、まず事業者が委託する産廃処理業者がきちんと許可を受けた業者であるかの確認は大切です。もし許可を受けていない業者に委託してしまったら事業者が法的に罰せられてしまうからです。また、業者の中には公表している住所に実際には存在していない場合があります。そのため、事業者自身が実際にその住所に産廃処理業者が、存在しているかを確認してから、廃棄物の処理方法まで確認をする事が大切です。産廃処理業者には、複数の許可が必要ですので、慎重に業者がすべての許可を得ているかを確認した後に依頼することによって、産業廃棄物を排出する業者側も安心してごみの排出を行う事が出来ます。

事業活動における廃棄物

男の人

一般廃棄物は焼却可能なゴミや事業活動に関係のないゴミを指します。さいたま市が定める処理方法をよく確認の上、処理する必要があります。また処理を行う際にはカラスにゴミを荒らされないような対策を行う必要があります。

View Detail

油脂系廃棄物処理の現状

作業者

廃油は以前ならば再利用の余地はわずかとみられがちでしたが、近年は技術の進歩によりその多くをリサイクルすることに成功しています。廃棄物の中でも有害な物質を多く含む油系の廃棄物を処分する業者には、処分技術の向上と最新の設備導入など多種多様な廃棄物の処分業界をリードするという高い意識が求められています。

View Detail

廃棄物を処理するには

解体工事

産廃を処分する場合、破砕を行うことには様々な利点がある。破砕を行うことで、ゴミの量を圧縮できることや、転売防止につなげることができる。また、情報機器の廃棄においては破砕により物理的に破壊することで情報漏洩リスクを軽減できる。

View Detail