事業活動における廃棄物|業務が滞る産廃処理をスムーズにしよう|ココぞと役立つサービス
作業者

業務が滞る産廃処理をスムーズにしよう|ココぞと役立つサービス

事業活動における廃棄物

男の人

廃棄物の適切な処理を

産業廃棄物の種類の中に、一般廃棄物に分類される廃棄物があります。一般廃棄物は事業活動に関係のないお菓子のゴミやお茶っぱ、もしくは焼却可能な廃棄物を指します。この処理方法は自治体によって多種多様ですので、その地域において事業活動を行う際は、この一般廃棄物の処理方法をよく確認し、それに沿って適切な処理を行うことが重要となってきます。さいたま市の一般廃棄物の処理方法は、事業者が所有している廃棄物の処理施設を利用し、事業者自身で処理する、市の廃棄物処理施設に持ち込んで処理する、さいたま市の一般廃棄物収集運搬許可業者に処理を依頼するという方法があります。いずれの場合も、事業者自身が責任をもって処理を行うことが必要となっています。

周囲に配慮した処理方法を

さいたま市が定める方法を守りさえすれば問題はないという事はありません。一般廃棄物処理の際には地域社会に配慮した処理方法を行う必要があります。例えばごみの処理に関して必ず付随してくる事が、カラスの問題です。カラスが朝方ごみを荒らしている姿は度々テレビでも放映されていますので、ご存知の通りです。カラスにゴミを荒らされないためにさいたま市が推奨している方法は、カラスが荒らすことができないように、専用の容器を設置し、その中に入れて置くようにする、カラス除けのネットを利用する、カラスに荒らされないように収集の時間を変更してもらうようにする、などがあります。このように一般廃棄物を処理する際にはごみの周囲の公共施設に悪影響を及ぼさないようにしましょう。