油脂系廃棄物処理の現状|業務が滞る産廃処理をスムーズにしよう|ココぞと役立つサービス
作業者

業務が滞る産廃処理をスムーズにしよう|ココぞと役立つサービス

油脂系廃棄物処理の現状

作業者

油系廃棄物の処分ニーズ

廃油は、排出業者などから回収された後、工場などに集められます。廃油には、エンジンオイル、油圧作動油、タービン油、スピンドル油など再生に適した油種と塩素系、水系、難燃性のものや切削油、クーラント、ブレーキ油など再生に不適な油種があります。このうち再生された廃油は、浴場、パルプ工場、ガラス工場などさまざまな分野で再利用されています。以前は、回収されればその多くが処分されるだけだった廃油が、いまでは丁寧にふるいにかけられ、純度の高い良質な油として使われています。多くの廃棄物回収・処分、再生事業の中でも廃油の再利用は、地球規模的な課題である廃棄物処分問題の中で、いわばもっとも最先端の模範的なリサイクル事業といえるため、環境問題に対する社会の関心が高まる中、処分ニーズはますます高まっています。

再生不能の油系廃棄物処分

産業廃棄物である廃油のうち、再生不能のものについては、廃棄物処理工場の中間処理過程で無害化されされます。その後埋め立てや焼却など最終処分されます。この過程で最も重要なのが廃油の無害化です。無害化のために、廃棄物処理業者には最新の処理技術の導入のほか施設や設備を厳正な管理体制のもと、常に安全を確認しながら処理を行うことが求められます。また、無害化と平行して重要なのが、最終処理過程で焼却処分によって発生する熱エネルギー等の再利用と埋め立てなどによって処分される廃棄物の減量化です。熱エネルギーの再利用については、蒸気タービンの動力に利用して電力等に再生することできます。また、最終的に埋め立て処分する廃棄物の量を減らすことは、直接的に環境への負荷を軽減することにつながるため、そのための技術向上は不可欠といえます。